【スピードラーニング韓国語】の8つの特長を、語学オタク目線で解説

英検1級、仏検準1級、韓国語ビギナーの、語学オタクのヨッシーです。

スピードラーニング韓国語』を始めて、1か月です。

スピードラーニング韓国語の教材の8つの特長を、現在進行形で学んでいる私の独自の視点で、体験談・経験談を交えながら、紹介します。

まずはスピードラーニングのページを見たい、という人はこちらから ↓↓↓

スピードラーニングの学習メソッドについての感想:8つの特長

スピードラーニング韓国語のページ を見ると、スピードラーニングの学習法が詳しく書いてあります。

語学オタクなりの、それぞれの特長についての感想を書いてみます。

①聞き流すだけだから、ライフスタイルに合わせて誰でもすぐに始められる

スピードラーニング韓国語』の、

聞き流すだけ!

というコンセプトは、始めるためのハードルを低くしてくれます。

すきま時間に、「ちょっとだけ聞いてみようかな」、という気持ちにさせてくれるのは、メリットの一つです。

そこまで外国語の勉強にどっぷり浸かりたいわけではない、という層の学習者に合っている方法です。

(「聞き流すだけ」学習法、の効果について、自分自身も疑心暗鬼、でも興味津々、で体験・検証しています。)

②韓国語の後に日本語を収録。だから、辞書なしで韓国語が聞き流せる

一単語も聞き取れない状態で、外国語を聞き続けるというのは、かなりストレスになります。

まずはつまらないですし、そして結構苦痛です。

スピードラーニング韓国語』では、日本語が入っているので、韓国語を全く聞き取れなくてもストーリーが追えます。

ストレスなく聞き進めることができます。

(ただし、これで韓国語が最終的に聞き取れるようになるのか、身につくのか、というのは別問題です。これは語学オタクが自腹で身をもって現在検証中。)

③韓国語→日本語の順で聞くうちに、韓国語を韓国語で理解する回路ができる

英語、フランス語の習得で培った経験から、外国語の学習では、外国語を外国語のまま理解することが大切であることは、よく理解できます。

実は、これが難しいのですけれどね。

この「日本語→韓国語」の順で聞ける構成の『スピードラーニング韓国語』の教材は、理にかなっています。

(でもそもそも、まずは聞き取れなければ始まりません.. 本当に聞き取れるようになるのか、現在検証実験中です。)

④BGMのクラシック音楽でリラックスして聞き流せる

人間の心拍数に近い緩やかな旋律のクラシック音楽を厳選」とスピードラーニング韓国語のページ に書いてあります。

聞きやすく邪魔にならない音楽をBGMに使った、スピードラーニングの教材は、聞きやすいです。

がっつり取り組む語学学習法でなく、手軽に楽しく会話力を身につけたい、という目的には、リラックスして楽しく学べる、というのも大切なポイントですよね。

(これ、実際に聞いてもらわないと伝わりにくい部分なんですが… 結構聞きやすく、楽しく聞けますよ。オススメです。)

⑤リスニング力の上達がはっきりと実感できる韓国語のみを収録したCD付き

スピードラーニング韓国語』には、韓国語の後に日本語訳を収録した「韓国語-日本語CD」と、韓国語のみを収録した「韓国語のみCD」が1枚ずつ入っています。

今の私には、「韓国語のみCD」は、一言も聞き取れません。

まずは「韓国語-日本語CD」に集中して、ときどき「韓国語のみCD」を聞くと、リスニング力の上達度合いを自分で実感できそうです。

(まずは、ほんの少しでも韓国語が聞き取れるようになることが最初のステップです。あの時は何もわからなかったなぁ、と後々になって懐かしむ時が… 来ることを願っています。)

⑥「スピードラーニング韓国語」なら、きれいな韓国語で話せるようになる

これは、まだまだ先のステップです。

スピードラーニング韓国語』に収録されている韓国語は、発音のきれいなナレーターを起用し、スタンダードかつナチュラルスピードの韓国語なので、上達した時には、きれいな韓国語が身についている、といいなぁと思います。

(効果確認は、まだまだ先だなぁ..)

⑦韓国語を先にキャッチするための「ポン→韓国語→日本語」

スピードラーニング韓国語』には、「韓国語→日本語」の1かたまりの区切りとして「ポン」というお知らせ音が入っています。

これは、うまい作りだなぁと思いました。

「ポン」という音でいったん耳がリセットされて、韓国語が頭に入ってきやすくなります。

(聞き取れるかどうかは、別問題です。)

⑧韓国の文化がわかる話題と、すぐに使える実用的な表現が満載!

スピードラーニング韓国語』の説明では、

住んでみなければわからない韓国と日本との生活様式やものの考え方の違い、行事の由来、 さらに教育、政治、歴史にいたるまで、多彩なトピックをストーリーにおり交ぜていますので、 聞いているだけで文化の違いを知ることができます。

ということです。

第1巻の内容を一部紹介しますと、

  • 久しぶりに再開した友人とのあいさつ
  • 一般家庭での朝食
  • 靴屋でのショッピング

などの話題が、10個入っていました。

実際に使える日常会話が題材というのは、会話目的で外国語を習得したい人に適しています。

(以前の語学教材では、不自然なシチュエーションや日常では使わない表現が多かったですが、最近の教材は、実践的でいいですね。『スピードラーニング韓国語』もなかなか実践的な内容で、使える韓国語、という内容です。)

スピードラーニングの8つの特長についての感想まとめ

スピードラーニング韓国語』の8つの特長について、語学オタク視点での感想でした。

これらの8つの特長を知ると、よく考えて作られた教材だと思います。

ロングセラーの理由の一つなのかな。

そして、効果については…

スピードラーニング韓国語』受講歴1ヶ月の私には、まだほんの一部しか感じられていません。

毎月、学習報告をしているので、ぜひ読んでくださいね。

ご紹介した『スピードラーニング韓国語』の特長については、 スピードラーニング韓国語のページ で詳しく説明されているので、より詳しく知りたい方は見てみると良いでしょう。

以上、スピードラーニング韓国語の8つの特徴を、語学オタク目線で解説した記事でした。

語学オタクの管理人、ヨッシー